2020年6月16日 (火)

森生活2か月

経ちましたあつ森。家は最大になり、スズランが咲き、化石コンプリートしたところです。
購入前は前作までとそんなに変わらないんじゃないかとなめてましたが、今作はこれでもかーこれでもかーというほど物量がすごいです。島クリエイターで土地を好きなように出来る、建物の位置も好き放題、家の外にも物飾り放題。圧倒的物量。
家の外に物を飾る、いじるというのが最初慣れなかったんですが、評価星5をとらないと金のジョウロが作れないと知って、頑張って島を飾りました。ここはこういうていでと考えながら、いい感じに物で埋められると愛着わいてきました。時間操作なしなのでまだ物が少ないし、世の中の素敵島に比べたらまだまだだけど楽しいです。

個人的に一番でかいのが色違いアイテムの存在。図鑑埋め大好きなので、虫魚図鑑のほかにたぬきショッピングの商品リストも埋めてるのですが、色違いアイテムがあるので一つ買ったら終わりじゃない。しかも島によって出やすい色や物が違うとか、妹の島としか行き来してない自分には無理ゲー。アイテムコンプはもう出来る範囲でいいやーとあきらめてます。

今回カブも真面目にやってます。情報を入力していくと今週のカブ価上がり下がりをある程度予測してくれる便利サイトがあるので、カブを腐らせることもなく順調です。ただ予測があるとはいえ100%これ!というわけにもいかず、予測が減少型7割跳ね大型3割で、今週は上がらないかーとよそでカブを全部売ったあと、跳ね大型が来たときは泣きました。
色々やきもきさせられるのがなんとなく本物の株っぽい。本物はもっとやきもきするだろうけど。

評価星5にするという当面の目標は達成しちゃったけれど、青バラがまだ出来ていないし、ハムスター系住人天国にしたいという密かな野望のためにまだまだ続けます。

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

あつまれ どうぶつの森

購入しました。
買ったが最後日常生活を色々削ってやってしまうのはわかってる、新作といっても基本的なとこは変わらないよ、今やってる資格試験が終わるまで手を出してはいかん!とスルー予定でした。
でも発売日当日の世間のキャッキャウフフな雰囲気に我慢できず購入してしまいました。思い立ったらすぐ買えてしまうDL販売恐ろしい。

買うつもりなくて事前情報も一切なかったので色々新鮮です。現在家が第2段階になり博物館とタヌキ商店が出来た、と多分平均的な進み具合。基本的なところは前作と同じですがやっぱり楽しいです。
前作までと違うところは
・DIYで物が作れる
・DIYのための素材集め必須
・道具が壊れる
・施設、住人の家等の建設場所を自分で決められる
・橋がない、高低差あり、などで最初行けない場所がある
といったところでしょうか。
その他、24時間買い取りOK、家に収納家具が無くても収納できる、等便利になってました。

個人的に一番大きいのは「道具が壊れる」です。
ちょっと長持ちな普通の釣り竿とすぐ壊れるしょぼい釣り竿だったら、普通の釣り竿を使いたい。でも素材の鉄鉱石が貴重品。なのでしょぼい釣り竿や虫網をどんどん使いつぶしてます。
壊れるのが面倒くさいという気持ちもなくはないけど、素材集めて作るのはそれはそれで楽しい。FF14でも鉱石300個とか掘るのでちまちま作業嫌いじゃない。ただ全部の木をゆすって木の枝を取り、全部の木から木材を取り、を毎日やってると、1日のプレイ時間が限られているので、この採取時間を釣りにまわしたいとちょっと思ってしまいます。

鉄鉱石は採取できる数が限られているので、商店建築のために鉄鉱石30個必要だったとき、あと3個足りない、無人島ツアー行って掘らないとダメか…と思っていたところに、素材集めてるんだって?これ差し入れ!と鉄鉱石を5個くれた住人のマコトが神に見えました。

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

Borderlands3

PC版を購入。前作Pre-Sequelから5年ぶり、ナンバリングは7年ぶりのボーダーランズ!1周目をクリアしました。

久々なせいか、最初キーボード+コントローラーでは何をするにも操作が覚束なくてどうしようかと思いました。日記見返したらPCでやったと思い込んでいたボダラン2はPS3、Pre-SequelはPCで、じゃあPre-Sequelのときコントローラーだった?と思ったらキボコンだったと言われたので、本当にすっかり操作忘れただけだった。なれてよかった。

使用キャラは、お供ちゃんが頑張ってくれるFPS不慣れな自分向けっぽいと思ったFL4K。
だったのに実際はお供ちゃんはおまけで、クリティカルの鬼な火力キャラでした。クリティカル特化お勧めと言われて振りなおしたら、超絶強くなってびっくりした。

3はLVが違う人同士でやっても、個人個人のLVにあわせて敵LVも調整されるという神仕様なので、LV気にせず協力プレイできるのが素晴らしい。ドロップも個別かそうでないか設定できるのも素晴らしい。共通ドロップでドロップ武器どうぞどうぞってやるのもそれはそれで楽しかったけど、個別にLV調整システムとかみ合わないし、もうそういう時代ではないんだろうなぁ。

キレッキレな日本語訳は相変わらず素晴らしくて、話も面白かった。サブクエはあまりやれなかったのでこれからです。
話で唯一の不満点は、ムービーが増えてその場にいるはずの自キャラがムービーに不在なので、なにかムービーで話が進行しても自キャラは空気だったこと。2はムービーがほとんどなかったから、そういう風に感じることはなかった。ムービーに自キャラをちょこっと入れてくれるだけでもよかったんだけど。
2に比べて細かいバグも多いです。ボダランだし…で許せるレベルではありますが、サブクエでアイテムあるのに拾えなくて進行不可だけはなんとかしてください。

あと今回も身内プレイですが、何故かボダランと同時に使うとSkypeではゲームの音がとても小さくなってしまうので、ボイチャソフトをDiscordに変えました。快適です。

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

年明けからずっと勉強していた某資格試験が終わりました。
合格発表はまだだけど多分合格出来たので、自分にごほうびとしてSwitchとゼルダを購入。
Switch本体の小ささに驚き。タブレットっぽい部分はコントローラーみたいなもので、別に本体があると思っていたのにあれが本体とは。

ゲームってさっくりクリア出来たらつまらないので手応えが必要だけど、段々年齢や環境の変化のせいか、その手応えを「面倒」と感じることが多くなってしまいました。難しいことが面倒になってやめてしまう。さらにこれやってあれやるのかーとこれから先やることが見えた時点で、面白そうより面倒だなーが勝ってしまう。
自分のNo.1ゲームは時のオカリナですが、正直今やったら難しくてクリア出来る気がしません。トワイライトプリンセスもダンジョンでつまったところで面倒になって途中でやめてしまいました。
寂しいけどゼルダももう受け付けなくなっちゃったのかなーとBOTWもスルーしていましたが、会社の後輩にアクション苦手でも大丈夫!と激しく薦められたのと、吉田もえらいほめていたので買ってみました。

あちこちうろうろしつつ祠や塔を開けてまわっていますが、楽しいです。
だだっぴろい大地にぽんと放り出されて、これから先の過程が見えない。手探り状態でどこに行ってもいい。
何度も死ぬしギミックも失敗しまくるけれど、色んな手段が用意されているので試行錯誤が楽しいし、色々ためすとなんとかなる。
謎解きは各地の祠がメインですが、いままでのダンジョンに比べると一つ一つがそこまで長くないので億劫にならない。
フィールドにこれなんだろう?というのもの色々が散りばめられていて、移動途中も楽しい。寄り道しまくり。

色んなことが「面倒」ではなく、ちゃんと面白いし楽しい。
さくっといかないけどなんとかなりそう、クリアした自分すごい!と思わせるのも本当にうまい。

両手がやや痛くなってきたので、腱鞘炎にならない程度に頑張ります。

| | コメント (0)

2018年1月29日 (月)

MONSTER HUNTER: WORLD

ハンターランク6、3つ目のマップが出たところまできました。
率直な感想を述べると、今風な要素を取り入れようとしてよくわからなくなったモンハン。
実際のゲーム画面だとキャラクリ画面よりキャラが劣化する件は、どれだけ綺麗に作っても体はどっしり体型だしモンハンにキャラクリ要素求めてないので気にしてません。
大剣がタックルからキャンセルしてどうこうしないとダメージ出なくなったぞとか実はまだよくわかってないので、そこは置いておいて。

システムまわりが進化した部分と悪化した部分が混在。
ストーリーは基本相棒ちゃんが出張っていて自キャラ空気。
オープンワールドっぽい(オープンワールドではない)マップで、綺麗で広くなったけれどその弊害が沢山。
オンオフ一緒くたになったことで色々弊害が。

という感じでなんだかうーん。
自分の任務クエをフレに連続で手伝ってもらっていると、
自分が一人でクエ受けて敵探してムービー見る→フレに入ってもらって倒す→またフレ待機→クエスト後のムービー見る→またクエ受けて敵探してムービー見る…の繰り返し。
戦ってるよりムービーと敵探してる時間のほうが圧倒的に長くて、その分フレを待たせるので非常に申し訳ない気持ちと、まーた敵探すのか面倒くせえという気持ちがふつふつと。開発はこの仕様なんとも思わなかったのか。

ゲームって基本同じことを繰り返す作業で、そこをいかに作業ではなく面白いと感じさせるかが腕の見せ所だと思うんだけど、MHWは色々用意されてるのに面白い楽しそうより面倒くさいのほうが勝つ要素が自分には多いです。
会社でプレイしている人に聞いてみたら楽しそうだしネットの評判もいいので、単純に自分があわなくなっちゃったのかも。
心置きなく4.2パッチが出来るのはいいんだけど、期待していたので寂しい。

| | コメント (0)

2017年12月13日 (水)

MONSTER HUNTER: WORLD βテスト

モンハンで一番好きなのは3です。
どっしりしたアクション+どっしりした敵が好き、出来れば据え置き機で遊びたい。そんな希望をかなえてくれるモンハン新作がやっときます!
今でもカプコンに恨みつらみはありますが、役員ページからパスタ野郎の名前が消えてたし、それはそれこれはこれでモンハンは遊びたいのです。

オープンβを触ってみて、基本モンハンだけど海外を意識してるところ、改善されているところが色々でいい感じ。
大剣はタックル、真・溜め切り等アクションが色々増えてます。モンハン自体すごい久々なので、基本の操作自体ものすごく怪しかったですが、なれればなんとかなりそう。不慣れ4人で上級の敵も残り時間超ぎりぎりで倒せました。
とにかく単純に動かすのが楽しいです。発売が楽しみだああああ。

でも一番嬉しかったのは、モンハン仲間4人揃って遊べたこと!7年ぶり?
皆微妙にゲームの好みが違うので、色々ゲームやっても集まるの3人までで、4人の和集合になるゲームは結局据え置きモンハンしか無さそう。どんだけピンポイントなんだ。

| | コメント (0)

2017年2月17日 (金)

全ワールドクリア

しました。ハコボーイもうひとハコ。
おまけワールドの最後のほうは、ハコが落ちきる前に別のハコを出せとか、トゲトゲが落ちてくる前にハコ未確定状態を駆使して王冠とれとか、素早い操作が必要で大変でした。
チャレンジワールドは、前作から引継ぎで使えたニンジャ(移動速度UP)とウサギ(ジャンプ力UP)のコスチュームを使った面で、もしかしてこれクリアしたらニンジャとウサギもらえる?と思ったらそんなことはなかった。やっぱり前作やらないと駄目か。

続けてハコボーイの前作、最新作とやるつもりでしたが、もうひとハコでクリア成績が見られるようになりました。
面ごとにクリアタイム、使用ハコ数、クィックリトライ数でランク付けされて、当然散々な成績。クレーンの辺りから特にぼろぼろで、動くギミック苦手というのが目に見えてわかって面白いです。うおおおこれはいい成績狙うしかないじゃないですか。

よい成績を狙うと狙わないでは大違いです。
時間短縮のためハコ配置を覚えること必須、使用ハコ数を最低限にするため操作ミス厳禁、クィックリトライ0のために1ミスで面の最初からやり直し。のんびりじっくりパズルゲームから体育会系パズルゲームに変貌。
好成績を狙いだすと、面の最初からやり直しボタンがものすごく欲しくなります。
最初の面からやり直していてオールSが一つもとれないんですが、使用ハコ数ここからどうやって削ればいいんだ。

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

ハコボーイ! もうひとハコ

ニンテンドーストアの新春セールで購入した3DSソフトのひとつ。
主人公はハコのキュービィ。ハコを出してゴールを目指すシンプルなアクションパズルゲーム。前作もありますが安かった2作目を購入。
追加されたおまけ面をまだ全部やりきってないですが、スタッフロールは見たのでここまでの感想。

適度な難易度と遊びやすさの良作です。
アクションパズルゲームといっても、アクション要素は控えめでメインはパズルゲーム。
制限時間が無いのでじっくり考えられる、失敗してもクィックスタートで区切りのよいところから即やり直しが出来る、詰まったら3DSの通信で貯まるゲームコインを使うことですぐヒントが見られる、等々とにかく遊ぶ上でストレスのたまらない作りになってます。素晴らしい。
欲を言えば面の最初からやり直しも出来るとさらに良かった。

難易度はやや低め。後半でも考えればなんとかなるし、ヒントを見れば大体クリア方法もわかります。2箇所だけヒント見てもどーしてもわからなくて、攻略サイトを頼ってしまったのが悔しい。王冠を取ってパーフェクト狙いの場合も、王冠の取り方はヒント無しなので自力でなんとかしないとです。

おまけ面はさすがに難易度上がって、新たなギミックがどんどん追加されて、さらに王冠を取れる使用ハコ数上限がよりぎりぎりになってます。どうやっても王冠にたどり着くまでにハコ数上限超えちゃうんだけど、どこ削れるんだ?という面がちらほら出てきました。

ヒクオツでも思ったけど、自分は解く過程で動く要素があるパズルが苦手です。
動かないマップはほぼ自力でクリア出来たのに、ベルトコンベア、クレーンといった動く仕掛けが追加された途端ヒント見まくりです。

| | コメント (0)

2017年1月13日 (金)

ニンテンドーストアの新春セールで購入した3DSソフトのひとつで、スマホ用ゲームの3DS版で全300問。
画面をなぞると画面内に物体が出来て物理法則に従って動くので、それを使ってボールを左の壁にあてろ等のお題をクリアしていくパズルゲーム。お題のクリア方法は千差万別。

まだ全体の1/6くらいしかクリア出来ていませんが面白いです。頭固いんでこういうひらめき大事!なゲームは大変かと思いましたが、なんとかなっています。
ある程度数をこなすとなんとなーく解く手段のパターンは見えてきましたが、実際やってみるとあと一歩足りない!ということが多くてくやしい。

問題自体結構な難易度ですが、一番難しいのはタッチペンさばきのような気がしてきました。
上から物を落として玉を左に転がしたいの…むきー!微妙な違いで右に転がっちゃうよ!とか。いくつかどうしてもやり方わからなくて公式の模範解答動画見たけれど、それを自分では再現できなかったりとか。
もうちょっと引ける線が細ければいいんですが、現状でも結構線をぐりぐり引いた物体を出すとやや重くなるので無理なんだろうなー。画面際に線を引きたいとき、線の太さ分画面際から内側にタッチしないと線が出ないので、あああ線途切れちゃったよ!となるので、そこだけもうちょいわかりやすくしてほしいです。

これを500円弱で買えたのはお得でした。スマホ買ったらスマホ版もやるんだー。

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

うたわれるもの 二人の白皇

クリアしました。
まさにシリーズ集大成!という感じの作品でした。買ってよかった!
移動中は主に戦闘、イベントシーンは家でやるようにしていましたが、家だと猫が色々攻撃してくるので、終盤プレイ中ぼろぼろ泣きながらVita片手に風呂場の水を流しにいったりしてました。Vita版でよかった。

偽りの仮面は本当に二人の白皇の長いプロローグだったなーと思います。
偽りでは各キャラにそこまで思い入れがないまま終わってしまったけれど、いいところは全部こっちにもってきたみたいで、どのキャラも見せ場がちゃんとあって面白かったー。

何より戦闘楽しいです。
偽りの仮面はLVを上げて物理で殴るでわりとなんとかなったのが、二人の白皇は難易度普通でも結構真面目にスキルの効果を把握して動かしたほうがよい、という感じになりました。
あと今回追加されたムネチカの試練と紅白試合。
ムネチカの試練は1作目にあったような詰め将棋的なもので、攻撃全部会心必須なのでギギギギとなりながらやってます。
紅白試合は自キャラがランダムで紅白にわかれて戦いますが、ぶっちゃけストーリーの戦闘よりかなり熱い。紅白試合やりすぎてLV上がって終盤ストーリーの戦闘が楽勝になってしまった。
キャラ性能も調整されて、偽りでは二軍だったコポポさんもといルルティエが使える子になって嬉しいです。

今はLV上げとBP稼ぎの為に引継ぎ2周目やってます。夢幻演武はこれから!

以下は内容についての感想なので、ネタバレ注意です。

続きを読む "うたわれるもの 二人の白皇"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧