2014年8月 6日 (水)

劇場版 戦国BASARA-TheLastParty-公式イラスト集 弐

劇場版アニメ戦国BASARAイラスト集 第2弾発売決定!!
DVD、CDジャケット、特典などの版権イラストを大掲載!!

●戦国BASARA COMPLETE BD/DVD-BOX用の描き下ろし分も含む、
これまでのアニメ「戦国BASARA」の未収録版権イラストを大掲載!!

●「劇場版 戦国BASARA-TheLastParty-」脚本をコメンタリー付きで完全収録。
さらに、映像化されなかった各キャラクターの幻のシーンを絵コンテと共に掲載。

※2014年7月より放送のTVアニメ「戦国BASARA Judge End」は含まれません。

↑Amazonより転載

最初情報を見たとき、ファンの願望であって実際発売はないよねーと本気で思いました。
願望通りの物が発売!うおおおおお削られたシーンの絵コンテが見られる日が来るとは!!!やったーやったよおおお!BASARA関連にもうお金出すことはないと思っていたのに、即ぽちりました。
脚本は削られる前の物なんでしょうか。瀬戸内やクロカンも入ってるんでしょうか!だったら涙出るほど嬉しいなああ。

| | コメント (0)

2014年1月27日 (月)

戦国BASARA4

発売されましたが、購入してません。
じわじわ発表されていった4の情報を見ていて、萌えフィルターで見ないふりが出来た色んなことが目につくようになってしまいました。
きっかけはキャラデザ変わったと知ったあたりなんですが、アニメキャラデザの大久保さん嫌いなわけじゃないのになんでだろう。これは自分でも謎です。
3は善し悪しはともかく今までと違ったことをやろうとしていたのに、4はナンバリングタイトルにしては手抜きまるだしすぎます。
それだけなら好きキャラのために仕方ないなーと言いつつ買うんですが、鬱ゲーが悪化してストーリーがこれでもかというくらい地雷大爆発らしく、怖くて手が出せません。

| | コメント (0)

2013年7月 2日 (火)

ミュージカル・ロマン 『戦国BASARA』-真田幸村編-

宝塚BASARA行ってきましたー!!
会場は渋谷ヒカリエ中のシアターオーブ。席は2階5列目真ん中あたり。
シアターオーブお芝居は見やすかったんだけど、トイレの作りが最悪+劇場の作りがややこしくて移動しにくかったのが残念。でも新しいだけあってすごい綺麗でした。ロビーの見晴らしよすぎて高所恐怖症の人がきたら、ひーってなりそう。
ゲーム1のドラマCD1(川中島の戦い)がメイン+ゲーム3の幸村成長うんぬん、をうまいことまとめて1本にした話でした。

以下感想箇条書き。

・舞台は映像をフル活用。白馬の王子様な幸村とか、空びゅんびゅん飛んで戦闘とか。
・ばーさらー、ばっさらーああああ~とコーラス入ったテーマ曲に度肝を抜かれる
・宝塚主人公補正のせいか、幸村が4割増しくらい役柄的に格好いいというかしっかりしている。逆に直球というか馬鹿っぽいところは薄れているので、ゲーム幸村とはちょっと違う(どちらかというと薄い本の幸佐で見るかいしょあり幸村みたい)。
・昌幸死亡シーンの若い幸村(別の役者さん)がすごい幸村らしかった
・皆そろってポーズ決めてるところの再現率が半端ない。佐助の片足空気椅子すげええ
・ゲーム曲は使われないべと思っていたのに、幸村テーマ曲アレンジが何度も流れた!歌詞ついて歌にまでなっていて感激。謙信様のテーマか川中島の曲も流れてた
・謙信様美しいー超お美しいです。一番オペラグラスでがん見。うっかりポスター買いそうになったくらいお美しかった。
・謙信様とかすがの、薔薇が飛び散ってのヘヴン状態もちゃんととやってくれたー!
・お館様がどっしりしていてちゃんとお館様だった!女性なのに!
・殴り合いもちゃんとやってくれたー!でも効果音が、殴るというよりぺしっと平手打ちでちょっと寂しい
・無敵の直江兼続もちゃんといたー!派生作品でセリフまでついたの初?(アニメも出てはいたけど喋らなかった)
・筆頭の動きがそのまんま。役者さんがゲームを研究してくれてるのがよくわかる
・筆頭が英語喋るたびに笑いが起こっていたのが、とても新鮮。知らない人が聴くとギャグになるんだな
・筆頭が舞台上で六爪抜いた!(今までの舞台では六爪持って出てきた)
・Mobの方々まで、ダンスうめー歌うめえええ
・武器とか衣装がお金かかってそう
・終盤の幸村の武器が、基本武器から朱雀?紅牙?にちゃんと変わってた。二槍で立ち回りはやはり大変そう
・舞台オリジナルヒロインの祈ちゃん、ものすごく女性受けしそうな設定で、さすが宝塚だと思った。ヒロインではあるけれども幸村とくっつくこともなかったので、そこはゲームファンを考慮して?
・ラスト戦闘、武器と衣装が光った!電飾でびっかびか!!
・舞台終わったら、いきなり日舞。羽根しょって踊るところが見られるかと思っていたのでちょっと残念。多分謙信様役の人が群舞のセンターで踊っていてお美しかった
・テーマ曲がとにかく頭から離れない。CDあったら欲しかった

あくまでも宝塚を見に行くのであって、BASARAらしさというのはあまり期待していなかったのです。
すいませんここまで頑張ってゲームを再現してくれるとは思いませんでした。
筆頭の扱いだけちょっと残念でした。あれだけだとぱっと出てくる英語喋る変な人、と思われそうです。
そこ以外は満足です。これは自分が武田軍スキーで、武田軍話、というか幸村成長話にものすごく弱いから、というのが大きいと思うのですが。ゲーム3の謙信様は、幸村じゃなくて家康を虎の後継者扱いするので、ちゃんと幸村を後継者として認めてくれるだけでも嬉しいんだー。
なので舞台の話としてものすごく面白いかと言われたら違うと思うので、ゲーム全く知らない方はこれ面白かったんだろうか?と心配になってしまった。

初宝塚とても楽しめました。
自分はあくまでも2次元~2.5次元オタなので、役者さん追いかけて他の舞台も行こう!とはならなかったけど、今回の舞台は宝塚としては異色だろうから、一度べたべたな演目の宝塚も見て見たいです。

| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

宝塚

のチケットなんとかとれましたやったー。あとは公演を待つばかり。
5月21日のZUCCA×ZUCAにも、戦国BASARAの文字が。嬉しいけどすごい不思議な感じがします。

演目が筆頭ではなく幸村主役というのは驚きました。
宝塚でも銀英伝のようにヒロインなしでいけるかと思ったら、ヒロインありなので、それで筆頭だとファンが発狂しそうだから様子見とか?
個人的には派生物なら、好きキャラにヒロインつこうが嫁が出来ようがまあいっかと思ってます。今回もBASARAというより宝塚見てみたい!というほうが大きいし。
ゲーム本体で好きキャラに嫁が出てきたらちょっとぐらぐらするかもしれませんが。

| | コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

舞台「戦国BASARA3」‐瀬戸内響嵐‐

いってきました。1階バルコニー真ん中。
東京ドームシティホール初めて行きましたが、席数多いわりに舞台が近くて驚いた。ただ座席の高低差が少なめなので、前に座高高い人がくると辛いかも。

役者さんについて。
舞台3は見ていないので、舞台毛利初めて見ました。やっぱり声が似ている役者さんで、立ち居振る舞いもそのもので感動。よく声が近い役者さんを見つけてくるなー。惜しむらくは衣装の生地がなぜあんなにテロンテロンなのか!
アニキ役の人は声そっくりではなかったけれど、違和感なかったです。筋肉頑張ってつけたんだろうなぁ。
カーテンコールで二人並んで立った時、あーゲームと逆の身長差だなーと思ったので、芝居中はその辺目立たないように動いてたんでしょうか。
その他の面々は前回と変わらず。筆頭は相変わらず格好よかったし、家康の腹筋は見事だったし、天海様はぬるぬる動いてました。

話について。
基本3のアニキ緑ルート。
最初と最後はゲームままでしたが、過程は大分違って、雑賀軍が武田軍についたのには驚いた。アニキ緑ルートだと蒼紅はあまり出てこないので、うまいこと出番を増やして話に絡めてきたなーという感じ。
その扉を開いてはならぬ!とか、金吾さんふみふみとか、ゲーム中の美味しいところを色々拾ってくれて嬉しい。

今回は不満も色々もあり。
終盤唐突に始まりやけに時間とっていた、毛利軍MOB対アニキの殺陣が謎で、MOBがいきなり元親呼びだったり、謎のスロー演出だったり。
終盤武田軍伊達軍が戦っているけどストーリーとしては意味が無い戦いで、とりあえず殺陣見せとけという感じだったのも残念。
あとは宴会芸はもう少し控えめが嬉しい。

捨て駒としての愚痴。
絆だ友情だというキャラが多い中、一人リアル戦国のようなことをやってるキャラなのでどうしても悪役扱いになるし、毛利死亡エンドは仕方ないし、あの終わり方もとてもらしいと思っています。でもファンとしてはせめてなにかしら救いのある死亡エンドだと嬉しいのです…。
出来ることなら死亡エンドは回避してほしいけど、変にキャラが丸くなるのも嫌というジレンマ。舞台は途中展開がゲームと違ったので、一瞬毛利生存エンド?と期待してしまった。しょんぼり。
あと毛利は策略謀略しまくりだけど詰めが甘い、というのはゲームも同じだけど、今回の舞台では毛利以外のキャラは全員生存させるために、ご都合的な詰めの甘さ全開だったのでそこも不満です。

2のほうが舞台としては面白かったです残念。
次の舞台はあるのでしょうか。そろそろ話もネタ切れの気がするけれど、これで終わりはもったいないので、ネタがないのなら3の再演を激しく希望。

| | コメント (0)

2012年11月 2日 (金)

宝塚 戦国BASARA

宝塚新着情報

おほーっ 。
宝塚版逆転裁判があるくらいだから、可能性はゼロではなかったけども。
女キャラ少なめだけど大丈夫か?と思ったけど、銀英伝がいけるのなら大丈夫か。
謙信様とかすがはすんごい似合うだろうなぁ。武田軍はどうなってしまうのか想像できないよ!
舞台、ドラマ、宝塚と公式がやたらと実写押しなのが複雑な気分ではありますが、宝塚はずっと前から一度行ってみたいと思っていたし、楽しみです。宝塚のチケット争奪戦がいかほどのものなのか全くわからないけど、宝塚友の会に入っておくべきなんだろうか。

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

わあ

BASARAドラマ、「戦国BASARA-MOONLIGHT PARTY-Remix」として、TV版を再編集して前後編の2作品映画化ですって。
地上波MBSのみ+BSのみ放送で自分は見られなかったので、DVD出るの待ってたんですがびっくりだよ!なんでも映画化される時代になったもんだ。
全国10館程度上映で期間も長くないと予想。始まったら即見に行く。
なんだかギャグとして?ある意味突き抜けてるらしいので楽しみ。

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

瀬戸内響嵐

まさかの瀬戸内主役で舞台BASARA。

チケット争奪戦を覚悟していたけど、公式FC英雄の会の優先予約で確保出来たー!
中の人にそこまで興味なくてバサラ祭はスルー対象なので、バサラ祭の優先予約がメインだと思っていた英雄の会入会はちょっと迷ったけど、入っておいてよかった。

しかし瀬戸内そこそこ人気だからグッズの扱いとかはよいけど、本筋ではあくまで脇役なんで、メインにもってこられるとなんかおろおろしてしまう。
あとBASARA3の瀬戸内ということは、やっぱりアニキの緑ルートかなぁと思うと、それだけでおろおろしてしまう…。舞台2で毛利スパーンと殺されてたし。舞台3のように、この公演はアニキエンド、この公演は毛利エンドとかやってくれないかなー。無理ダヨナー。
といったことを一人考えて悶々としております。

とにかくBASARA舞台観られるのは嬉しい!

| | コメント (0)

2012年6月16日 (土)

ぎょー

なんだこれ。

http://www.famitsu.com/news/201206/16016466.html

バサラ実写ドラマ化ですって奥さん。
舞台が当たったからドラマもいけると思ったのか!
舞台はかなりゲームに忠実に作ってたからうけたと思ってるんだが、信長がGACKTな時点でどう考えてもそういう方向ではないよな!謙信様じゃなくていいのかGACKT!
どうせなら勇者ヨシヒコ(2期楽しみです)くらい独自路線いってくれたらいいけど、なんかオサレ路線が目に浮かんで怖いよう怖いよう。
深夜放送でよかった。というかこれMBSのみでほかの地域では放送しない?TBSでは見られない?

| | コメント (0)

2012年5月14日 (月)

舞台「戦国BASARA2」

行ってきました。23列目右端。苦労して券とってくれた妹ありがとう。ミュージカルじゃないよ!
2の慶次話が元だとしたら、キャストに出てる面々をどう絡めるんだ?と思ってたら、豊臣軍(家康、三成含む)VS東日本の面々(慶次+前田家+武田、伊達、上杉)のオリジナル話でした。

まず役者さんについて。
声!声が似てる役者さんが多い!!慶次、謙信様、利家、まつ、三成、中でも慶次と謙信様!!朴さんそっくり声とかすごい。慶次役の人はブリーチの舞台でも一護だったそうなので、森田成一要員なのかもしれない。カーテンコールで喋った慶次役の人の声はちょっと違ったので、ちゃんと似せて喋ってるんだろうなー。
もちろん声だけじゃなくて立ち居振る舞いも違和感なし。家康役の人は、腹やら首が出てるけどちゃんと筋肉ついてて体系が近いので、見た目が家康そのものですごかったー。首の太さが近いって大事だ。
前回見た蒼紅共闘に出ていた方々も相変わらずすごかった。
佐助は、声が似てるわけじゃないのにやっぱり佐助以外の何者にも見えない不思議。幸村役の細貝さんはまだ公演二日目だったので声が枯れてなくてよかった。筆頭役の久保田さんはやっぱり抜きん出て格好いいんだよなー。テニミュで跡部役だったと知って超納得してしまった。前回より声も筆頭っぽくなっていた気がする。
殺陣も前回より磨きがかかってました。3対1で立ち回る謙信様格好よかったあああ。

話について。
豊臣軍VS東日本の話なので、西日本の面々が出ないアリバイとして、西日本の制圧が済んだところから話がスタート。
いきなり三成が毛利の輪刀持ってきたー!初っ端で毛利死亡確定だよー!!動揺してるのが伝わったのか妹がオペラグラス貸してくれたので(自分は持っていくの忘れた)、輪刀眺めてました。うわーん。ゲーム・アニメ・小説で死ぬのは(アニメは生きてたけど)、あーこれ死ぬなーと毎回心の準備が出来たので平気だったけど、今回は一切出番なしだろうと油断してたー。
オリジナル話だけどアニメやゲームの要素を色々とりこんでいて、利家まつの「我ら、最強夫婦!」と、かすが謙信様のきゃっきゃうふふ、武田軍の殴りあいをやってくれてもう大喜びです。舞台BASARAのお約束、武田軍伊達軍の宴会芸も健在。
三成が頻繁に言う「~する許可を!」に「…そんなに許可はいらないよ」と冷静に突っ込む半兵衛には笑ってしまった。豊臣軍時代の三成家康は当然2には出てきてないんだけど、半兵衛秀吉との会話も違和感なかったし、家康はここから3に向かっていくのねー、というのもちゃんと書かれてた。これは関が原ファンは嬉しいだろうなぁ。
ラスト秀吉が走馬灯見ちゃってたから慶次が秀吉殺したの?と一瞬思ったけど、不殺キャラの慶次が殺すはずはないと思いたいし、そのまま3に続く話みたいだからゲームと同じ流れになるんだろうな。

個人的には蒼紅共闘より面白かったです。舞台BASARA3も何が何でも観に行っておけばよかったー!と激しく後悔。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧