« 2018年10月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年1月11日 (金)

あけまして

おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

30日夜に猫の片目から涙と目ヤニが出始めて、うおおお年末年始で病院やってないよ!とあせりましたが、大晦日もやってる動物病院がわりと近場にありました。よかった。病気もたいしたこと無かったので一安心です。
大掃除したり、Fire TV Stickで何か見たりと、珍しくゲームしない年末年始でした。
amazon primeは宅配の時間指定とお急ぎ便のためにだけ入っていて、prime videoやmusicはほとんど触っていなかったんですが、Fire TV Stickでテレビで見られるようになっただけで、利用時間が格段に上がる不思議。

そして2018年秋アニメの感想をちょろっと。

・風が強く吹いている
原作未読。
原作が舟を編むの人、監督が劇場版BASARAやジョーカーゲームの人、キャラデザがハイキュー!!の作監の人、ときたら見ないわけにはいかない。脚本も見たことある人だなーと思ったら、一歩の中の人。かけるがちょっとハイキュー影山とかぶる。
すごく丁寧に話が進むけど、テンポが遅いとは感じさせない今期一番の面白さ。原作読みたいし実写映画も見たいけどアニメ終わるまで我慢します。

・宇宙戦艦ティラミスII
原作未読。2期も相変わらずで幸せ。声優さんがやっぱり豪華だった。
原作まだまだストックありそうだし、舞台もやるくらいなら是非3期も!

・ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
原作未読。なんか見たことある絵やセリフがたくさん。
4部にくらべるとスタンド能力がややこしくなってきた。

・ゴールデンカムイ 第2期
原作既読。
奇人変人大集合色が強くなるあたりですが、ちゃんと再現してくれて嬉しい。獣姦の人とかばっさりカットだったけど、違和感無く網走まで突っ走ってくれた。続きもアニメで見たいけど、多分原作終わらないと無理だろうなー。

・DOUBLE DECKER! ダグ&キリル
バディシリーズのひとつということでおっかなびっくり見たけれど、毎回安定の面白さでした。CGの溶け込み具合がすごい。
2クールだとばかり思っていたら1クールとは。終盤の展開が急だったので、1クールに変更になったのかと勘ぐってしまう。

・中間管理録トネガワ
原作未読。ナレーションにもすっかりなれてしまった。
段々トネガワさんが格好良く見えてくる不思議。ハンチョウは2回だけスペシャルかと思ったら、普通に混ざるようになってびっくり。

・バキ
原作未読。狂気のEDがすごいクセになる。
ドイルさんまわりが面白すぎ。バキメインの戦いより、他の人の戦いのほうが面白い。
思い切り続くで終わったので続きやってくれないかなー。

・ゴブリンスレイヤー
原作未読。
AAスレ発祥ということで、個人名なしとかすごく懐かしい感じ。

・逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~ Season2
ゲームプレイ済み。とはいえやったの大分前なので色々思い出しながら視聴。相変わらずゲームを忠実に再現してる。
巧舟さん完全監修によるアニメオリジナルエピソードの逆転特急は、やっぱりタネを知らない話なので面白かった。ここまで見続けたかいがありました。

・BANANA FISH
原作既読。
原作読んだの大分前だけどアニメを見ていると、このあとのセリフはこう、このあとはこんな絵面、というのがするする思い出せた。それだけ原作がしっかりアニメ化されたんだと思う。

・色づく世界の明日から
あの花系というか、ちょっと不思議要素が入った青春もの。
話としてはベタベタだとわかっていても、最終回は泣いてしまった。

・イングレス
ゲーム未プレイ。
最初はネタアニメとして見ていましたが、中盤から面白くなった。
手下が無能すぎて、敵がかわいそうだった。

・SSSS.GRIDMAN
色々盛り込まれていたらしいですが元の特撮も勇者シリーズも知らなくて、個人的には最初から最後までのりきれないまま終わった。スタッフさんが神回神回連呼は興醒めするのでやめてほしい。
主人公を見るとどーしても杉崎ゆきる!と思ってました。髪形・髪と目の色・顔とか。しかしどれだけぐぐっても同意見の人がいない。おかしい。

・とある魔術の禁書目録III
原作未読。前作と超電磁砲アニメは全部見てますが、その知識だけでは人多すぎ組織多すぎでわけわからん。どんだけ増やすんだ。
熱膨張~のあたりを見て、ああヘヴィオブジェクトと同じ原作の人だなーと納得。
自分は超電磁砲派なので、超電磁砲の新作に期待。

・東京喰種:re 第2期
原作は脱落して、途中まで既読。
1期はしっかりしていたので、どうしようもない原作をうまいことまとめてくれるのを期待してたんですが、色々残念なことに。

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2019年4月 »