« 2018年7月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年10月16日 (火)

ハイキュー!!

大分前に大はまりしていた妹に薦められて以来、このキャラ大好き!というはまり方はしなかったものの、単行本を買い続けています。
最新2巻分の稲荷崎戦がものすごくて、その勢いで未視聴だったアニメの再放送を見始め、夏休みで帰省したときに稲荷崎戦すごいね!と妹と語ろうとしたら、薦めた本人が既に読むのやめちゃってましたしょんぼり。

稲荷崎戦は強豪校相手だけど話の流れ上まあ負けないよなー、というのはわかっていても、主人公補正とかではなくて今までの積み重ねがあってこうなってああなって勝ったというのが納得できて、その上次の音駒戦が本番なのにここでこんなに盛り上げちゃって大丈夫なの?と心配しちゃうくらいの盛り上がりで大好き。

アニメは、放映当時は原作読んでるしまあいっかーとスルーしたんですが、改めて見てみたらものすごくいいアニメ化。
作画ばりばりぬるぬるすごいんだよおお!というのではなくて、コンスタントにさらっと作画がすごい。綺麗。あとキャラデザがすごい私好み。原作たまったら全国大会も是非アニメ化してほしいです。動く稲荷崎戦が見たい!

どーでもいいですが、アニメーターの千葉崇洋さん、千葉崇明さん、千葉道徳さんがごっちゃになってました。ハイキュー!!のスタッフロールを見ていて、アニメBASARAとかオルフェンズの人?と思ってましたすいません。崇洋さんがハイキューとかかみちゅ、崇明さんがBASARA、道徳さんがオルフェンズだ。

そしてその他夏アニメの感想をちょろっと。

・ちおちゃんの通学路
原作未読。今期のギャグ大好き枠。
通学途中のみってすぐネタ切れになるのではと思ったら、全然全くそんなことはなかった。ジビエという文字を見ると笑うようになってしまった。
普通アニメ化されたら原作が本屋のアニメ化コーナーに並んだり平積みされたりするのに、行動範囲の本屋ではちおちゃん放映中一度もそういうところで見たこと無かったのは何故。

・ウマ娘
ヒナまつりと同じ監督さんと聞いて、再放送を視聴。
ガルパンの競馬版?ウマ男はいないのかとか、お給料どうなってるのとか細かいことを気にしてはいけない。
レース前の雰囲気で予想した勝敗がほぼそのままなので、意外性はないけどそれでも面白かった。
展開が爆速で見ていて気持ちいい。

・ぐらんぶる
原作未読。
ダイビングサークルの話という前情報のみだったが、ダイビング成分少しで大学の男むさい飲め飲めサークルな話だった。でもダイビング描写はしっかりしてた。
現実で強制的に飲ませる奴は死あるのみだけど、これはフィクションだし最初に注意書きどーんと出てるし、その辺は気にせず見られました。畳み掛けるようなギャグ大好き。さすが高松信司監督。

・プラネット・ウィズ
漫画未読。
いかにも少年漫画っぽい絵にはあまり食指が動かないたちですが、少年漫画家原案のオリジナルロボアニメってめずらしいよなーと思って視聴。
今期一番先が読めない作品でした。絵柄のわりに話がハード。最後も綺麗過ぎてちょっと物足りないと贅沢なことを言いたくなるくらい綺麗に終わった。
とにかく1話1話の内容が濃くて、ここで最終回でもおかしくないよねってとこが何度も。同作者の別の漫画も読んでみたくなりました。

・オーバーロードIII
原作未読。
ナザリックの面々の出番が多くて2期より面白かった。完全に魔王サイドに舵を切った感じ。
アニメを見ていると、これ原作はもっと面白いんだろうなー原作読んでみたいなーと思うけれど、続きがアニメ化されるならそれを待ちたいので読めない。

・はねバド!
原作はコミックDaysで無料連載分のみ既読。OP大好き。
1~3話が原作とかなり違ってて、もっと先の原作の雰囲気に上手いことあわせたなーと思ったら、最後まで別物でびっくり。
こうしたかったというのはなんとなくわかるけど、原作のあれやこれやを削ってまでやるほどのものだったか?と言われるとうーん。
原作知らなければ楽しめたかも。

・バキ
原作未読。
大分前のトーナメント編のアニメは見た。花山さん格好良かった。
今回も花山さんの活躍が見られて満足ですが、早々に出番が終わってしまって残念。花山さーん。
ナレーション同じなのでカイジ見てる気分になる。

・アンゴルモア元寇合戦記
原作は途中まで既読。
個人的な好みですが、原作はもうちょい絵が頑張ってたらなーと読むのやめてしまいました。アニメはその辺をばっちり補完してくれていて、ものすごくいいアニメ化。是非続きもアニメで見たい。

・中間管理録トネガワ
原作未読。
話はとても面白いんだけど、ナレーションが全てをぶち壊し。見続けたらなれてしまったけど。
川平慈英別に嫌いじゃないのに、アニメだと寒いバラエティー番組見てる気になるのはなんでだろう。声優さんのナレーションて耳障りじゃない程度に個性が出ていてすごいんだな。

・進撃の巨人 Season 3
原作未読。OPがえらい爽やかになった。
かなりハイスピードで話を進めたらしいけれど、違和感無く見られた。
シリーズ構成すごい。さすが小林靖子さん。

・シュタインズ・ゲート ゼロ
ゲーム未プレイ。
いままでのシュタゲ続編に比べると格段に面白かった。
面白かったんだけども、オカリンgdgd期間がえらい長くて、覚醒するまで時間かかりすぎてやきもきした。

・ルパン三世 PART5
ルパンがよく怪我するシリーズだった。
今までの他のシリーズに比べると、絵も話もキャラの性格もかわいらしかった気がする。
アミのパパ最後変わりすぎ。

・少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト
ウテナの皮をちょっとだけかぶった、美少女歌劇アニメといえばいいのか。
どうせウテナっぽくするならもっとぶちこんでくれてもよかったのよ。
バナナちゃんが出張ってから面白くなったので、もっと暗躍してほしかった。

・はるかなレシーブ
原作未読。
女の子女の子ほんわかアニメかと思ったら、結構ちゃんとビーチバレーしてた。

・重神機パンドーラ
こちらが慣れたのか、後半は普通に見られたけど、人に薦められる作品ではない。1クールでいけた内容だった気がする。
ひとつひとつのエピソードがいまひとつ繋がってなくて、毎回見始めるとまず前回どう終わったっけ…と思い出す作業から入った。

・BANANA FISH
原作既読。初版本が実家にあります。読んだのはるか昔だけど、セリフやら絵面を事細かに覚えていてびっくり。
文句なしなアニメ化だけど、若かりし頃の思い出や思い入れがあり色々入り混じっていて、見ていてなんだか恥かしい。
英ちゃんがきゅるるんとしてる!アッシュが美人!

・PERSONA5 the Animation
ゲーム未プレイ。
残り数話で絶対終わらないのがわかって、続きは劇場版だとやだなーと思ったらスペシャル番組でよかった。
でも後日スペシャル番組って、内容忘れちゃうしそもそも放映すること自体見落としたりするので、続けてやってほしかったなー。

・つくもがみ貸します
原作未読。
普通に面白かったけど、星野リリィキャラならピンドラのように、もうちょい作画がピシっとしていたらとても嬉しかった。

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

年明けからずっと勉強していた某資格試験が終わりました。
合格発表はまだだけど多分合格出来たので、自分にごほうびとしてSwitchとゼルダを購入。
Switch本体の小ささに驚き。タブレットっぽい部分はコントローラーみたいなもので、別に本体があると思っていたのにあれが本体とは。

ゲームってさっくりクリア出来たらつまらないので手応えが必要だけど、段々年齢や環境の変化のせいか、その手応えを「面倒」と感じることが多くなってしまいました。難しいことが面倒になってやめてしまう。さらにこれやってあれやるのかーとこれから先やることが見えた時点で、面白そうより面倒だなーが勝ってしまう。
自分のNo.1ゲームは時のオカリナですが、正直今やったら難しくてクリア出来る気がしません。トワイライトプリンセスもダンジョンでつまったところで面倒になって途中でやめてしまいました。
寂しいけどゼルダももう受け付けなくなっちゃったのかなーとBOTWもスルーしていましたが、会社の後輩にアクション苦手でも大丈夫!と激しく薦められたのと、吉田もえらいほめていたので買ってみました。

あちこちうろうろしつつ祠や塔を開けてまわっていますが、楽しいです。
だだっぴろい大地にぽんと放り出されて、これから先の過程が見えない。手探り状態でどこに行ってもいい。
何度も死ぬしギミックも失敗しまくるけれど、色んな手段が用意されているので試行錯誤が楽しいし、色々ためすとなんとかなる。
謎解きは各地の祠がメインですが、いままでのダンジョンに比べると一つ一つがそこまで長くないので億劫にならない。
フィールドにこれなんだろう?というのもの色々が散りばめられていて、移動途中も楽しい。寄り道しまくり。

色んなことが「面倒」ではなく、ちゃんと面白いし楽しい。
さくっといかないけどなんとかなりそう、クリアした自分すごい!と思わせるのも本当にうまい。

両手がやや痛くなってきたので、腱鞘炎にならない程度に頑張ります。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2019年1月 »